離乳食を始める前って、食べてくれるかとっても不安ですよね。使うスプーンにも左右されるのではと、スプーン選びにも必要以上に慎重になってしまったりします。


でも、そんなに気にすることはありません。サイズさえ間違わなければ、ベビーは違和感がないもの。あとは、ママやパパの「食べさせやすさ」をクリアするだけです!



時期別 ワタシのスプーン選び


◇離乳食初期


「はじめて用」などと書いてあるごく小さいサイズであれば、この時期はスプーンの厚みや深さは気にしなくていいと思います。初期はドロドロ食ですくいやすく、一口が小さいのでスプーンの先の方しか使いません。


ワタシは↓のゴックンスプーンを使いました。ちなみにもう1本の方は使いにくくてほとんど使いませんでした。
ケースが付属していますが、これはお出かけのときに便利です。

数本セットになっているものはよさそうなイメージがありますが、必ずしも全部が使いやすいとは限りません。とはいえ、結構セット売りが多いのが実情。せめて2本セットにしておきましょう。


コンビ テテオ teteo はじめてのフィーディング スプーンセット 専用ケース




◇離乳食中期

一口の量が増えてくるので、サイズアップが必要になります。
初期より、大きめ&深め、そしてここがポイントなのですが、スプーン自体が薄いものがおすすめです。すくいやすく、お口に入れやすいんです。


ワタシは、離乳食用調理器セットに付属していたスプーンを使いました。見た目はイマイチなのですが、これがかなり使いやすいんです!


↓スプーンだけのセット売りもありました


ピジョン スプーン&フォークP ( リトルコロ )




◇離乳食後期


思ってる以上に一口の量が多くなりますので、中期より大きく深いスプーンがあるといいです。ごはんやとろみのあるものなら、中期のスプーンでも十分食べさせやすいです。


↓買い足したのはこちらです。深めでたっぷりすくいやすく、後期におすすめです。

ただ、すくいやすさは中期のスプーンにはかないません。


リッチェル トライシリーズ ND 離乳食スプーン



素材もいろいろあります


素材については、ワタシは何でもいいと思います。確か、自治体の育児教室でも同じようなことを言われました。

重要なのは大きさや深さです。少しは影響があるかもしれませんが、素材はママの好みで決めてしまっていいんじゃないかと思います。


◇プラスチック
最もポピュラー。私は離乳食後期まですべてプラスチックです。大手メーカーのものを選ぼうとすると、必然的にプラスチックになりました。食材の色移りはあります。


◇シリコーン
やわらかくてベビーにはやさしいイメージがありますが、やわらか過ぎてすくいにくいというレビューも見かけました。


◇ステンレス
丈夫で色移りしないです。娘の保育園ではステンレス製です。


◇木製
木のぬくもりがあって、こだわり派向けの印象です。プラスチックより軽量ですが、他より耐久性は落ちます。


スプーンの大きさってネットだとなかなかわかりにくいので、こちらの記事、参考にしてもらえるとうれしいです。



(◍•ᴗ•◍) ランキングに参加しています━━☆
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ベビー用品・育児グッズへ