忙しいママには、離乳食の冷凍ストックが便利。でも、冷凍ストックグッズって、結構いろいろあってどれがいいか迷いますよね。


そこで、ワタシが使ってよかった冷凍ストックグッズをご紹介します。



離乳食の冷凍ストックグッズ5選


◇100均の蓋付製氷器




だしやスープなど、たくさん冷凍するときに便利です。1箇所に大さじ2くらい入るものが使いやすいですね。



◇リッチェルのソフト製氷器

リッチェル わけわけフリージングブロックトレー 1ブロック容量50ml/リッチェル
¥356
Amazon.co.jp
おかゆ、野菜やお肉、お魚に。
製氷器がやわらかいので冷凍後に取り出しやすいです。冷凍庫で重ねておけるのも◎です。
反面、割れてしまうリスクもありますが、4つ買ったうちの3つは8ヶ月たった今でも無傷です。説明書には、使用回数目安は20回と書いてあります。
サイズは、50mlが長く使えておすすめです。



◇シリコーン製のカップ

リッチェル わけわけフリージングカップ 1カップ容量/25ml カップ6コ入/リッチェル
¥809
Amazon.co.jp

ワタシは上記のほか、お弁当用によく売っているシリコーンのカップも買いました。
タッパーなどにいれるかラップをすればソフト製氷器と同じ用途で使えます。
単品で食べさせるなら、そのまま食卓にも出せます。また、解凍用の器、お薬用の器としても大活躍しています。
冷凍庫内では、1つ上の「ブロックトレー」と重ねて置けます。



◇ミニサイズのタッパー




おかゆの量が増えたら、1食分を1つに保存できるこちらが便利です。私は容量100mlの6コセットを買いました。 ふたが本体とつながっているものもありますが、分かれている方が入れやすいです。


◇冷凍保存バッグ
これは言うまでもない定番ですね。離乳食中期までは製氷器で冷凍したものを入れるために、後期からは、しらすやひじきなどを直接冷凍して、パキパキ割って作るためにも使っています。

100均のものでも十分です。


娘は今、離乳食後期に入りましたが、働くワタシはまだまだ冷凍ストックを活用してます!